簡単に区分するとすれば、
汗かきは、全身にたくさんの汗をかく体質のことで、疾患ではありません。
多汗症は、手のひらや顔・頭部・脇・足のうらの限局した部分に多量の発汗がある身体異常の疾患です。

汗が異常に多いというのは、多汗症という疾患のサインである場合がありますが、汗が多いというだけで多汗症であるわけではないのです。

多汗症の原因は身体異常であり、緊張笊s安などのストレスによる一時的な交感神経の異常、「精神異常」が原因ではありません。

気持ちの持ち方や生活環境などは関係なく、明らかに体の機能の失調として現れる病的な発汗が多汗症なのです。
例えば、「風邪をひいてもいないのに鼻水がたれる」のと同じであり、「悲しい時に涙が出る」のとは違うのです。

汗かきの原因ごとに簡単な方法をマニュアルどおりに実践することで、短期間で汗をかきにくいようにする方法についてはこちら