ろくなタイトルが思いつかないEuviccですこんばんは。
今回はサイコンappsの話でもしようかと思います。
iPhoneもAndroidスマートフォンも、アプリを入れれば高性能サイコンに早がわり! だなんて話は既にしていますが、逆もまた真なり。アプリを入れなきゃただのハコ、いやスマホなわけです。さらには、入れてるアプリの機能や品質によっては、最高のツールにも使いにくいカスにもなり得る…こればかりは、使う人の好みも多分に影響するんで、一概にどれが良い/どれが悪いとは言い切れないんですけどね。
ここで、ソフトとハードが分かれている強みが効いてくる。アプリは複数インストールすることができるし、しかもその多くは無料。有料アプリにだって大抵無料版がある。よって、いくらでも試し放題というわけ。ベンダ/開発者にとってはしんどいですよねーこの状況(´Д` ) このような中で一定以上の人気を保ち続けているのって、本当にすごいことだと思います。頭が下がりますよホント(^_^;)

前置きが長くなったけど、結局何が言いたかったかというと、つまりサイコンアプリを入れまくってその実ほとんどが使用されずかといって消されもせずメモリの肥やしになっているのはごく自然なことである。ということなのですw
現状私が使っているのは既に書いているとおりiPhoneとAndroidスマホです。iPhoneは4Sで、乗ってるOSはまだ5.1です。一方、Androidの方はauのGzOne TYPE-MことCAL21、Androidのバージョンは4.0ですね。
で、それぞれにappsを有料無料問わず結構な数インストールして、使ったり使わなかったりしているわけです。今あらためて数え直してみたら、特にiPhoneの方がだいぶ多くてワロタww

  • iPhoneの部
  1. MapMyTracks OUTFRONT
  2. Cyclemeter
  3. runtastic roadbike PRO
  4. runtastic mountainbike PRO
  5. wahoo fitness
  6. GPSレコーダー
  7. RunLogger
  8. SpeedoMeter
  9. PanoBike
  • Androidの部
  1. SportyPal PRO
  2. My Tracks
  3. Strava Cycling
  4. MapMyRide+

だいたい、入れた順番で昇順に並んでいます。つまり、番号が若いほど旧くから入れてるわけですね。勿論、使い続けているとは限らないけどw
それでは次回から、独断と偏見と歪んだ愛情に満ちた?レビューをはじめていきたいと思いますww