青空と橋♪

2018/07/06

 

なんかたわんで見える 

 

DSC_7720

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

一週間ぶりです。

 

昨日、土曜日は久しぶりにお出かけしました。「日中学生交流団体Freebird」さんのお花見イベントです。
f:id:rishizi:20170409233238j:image

▲桃の花も満開

 
f:id:rishizi:20170409233328j:image

▲中国の桜はほとんど日本からもたらされたものだと思います。

 

復旦大学(と上海全体)には日中交流系のイベントが腐るほどありますが、「Freebird」さんはその中でももっとも大きい団体だと思います。

日中交流にはメリットとデメリットがあって、デメリットとしては両方の言語で話すので、必ずしも自分の語学力の向上につながらないことですが、しかしメリットとして、①外国人との交流が双方の言語で出来るので、お互いの国やその人の人となりのよりよい理解につながること②わからない単語をお互い質問し合える「歩く辞書」にお互いが成り得ること③ウィンウィンの、お互い対等な立場で話ができることが上げられると思います。

 

活動の中では二つほどゲームをしたり、チームに分かれて植物園の中を散策し、写真を撮ってどのチームの写真が一番きれいか投票したりしました。
f:id:rishizi:20170409231342j:image
f:id:rishizi:20170409232429j:image

▲写真好きな中国人

日本人は、桜を鑑賞しに来ているのかお酒を飲みに来ているのかわからないですが、

中国人は、桜を鑑賞しに来ているのか盛れる写真をとりにきているのかわからないです。


f:id:rishizi:20170409232735j:image
f:id:rishizi:20170409232747j:image

 

今回、「日本人と接すること」が当たり前な中国人と「中国人と接すること」が当たり前な日本人が、これからもっと増えていけばいいのにと思いました。特に、後者。日本が大好きな中国人に出会えば出会うほど、中国人が大好きな日本人って、少ないなあって思います。日本の観光産業はこれからもっとお金儲けとして頼っていってもいい部分なんじゃないかな。まだまだ儲かると思います。外国人から見たらすごい魅力的なんだろうな…

 
f:id:rishizi:20170409232555j:image
f:id:rishizi:20170409232606j:image

▲地下鉄三号線

植物園は地下鉄三号線の果てにあるのですが、上海の地下鉄の三号線は地上に出ていて、駅表示もかわいいんです。ちなみに復旦の留学生寮から三号線の江湾镇駅まで自転車で15分くらいで着くと思います。10号線で乗り換えより便利だと思うので、復旦に留学予定の後輩はぜひ覚えておいてください。

 
f:id:rishizi:20170409233835j:image

▲一つ5.5元のエッグタルト

駅で見かけたので久しぶりに「リリアンベーカリー」というパン屋さんのエッグタルトを食べました。これ、先輩から教えてもらった激うまエッグタルト!上海にいらした際はぜひ。ちなみに、いまだに上海でおいしいパンを食べたことがないです。日本に帰ってミスド食べたいです。

 

終わり。

また新たな一週間が始まります。

 

前に作った家計簿アプリのrailsのバージョンが4.0.0のままだったので4.2.5にバージョンアップしました。

やり方はこちらを参考にさせてもらいました。
Ruby on Rails の大掃除! 3.2 → 4.1 にバージョンアップするの巻 - komiyakの通り道

さてまずは、Gemfileの差分を確認から。

f:id:m_uta:20160220105341p:plain:w450

なんか空白行の差分もあって見づらいけど、とりあえず最新バージョンに変更。

Gemfileを変更したらばbundle updateを実行して...
エラーになった。。。

一旦Gemfile.lockを削除して。rm Gemfile.lock
bundle install --without productionを実行。
やりましたよ!成功です。

次はrails updateですね?

$ bundle exec rake rails:update
    conflict  config/boot.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/boot.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/boot.rb
       exist  config
    conflict  config/routes.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/routes.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/routes.rb
    conflict  config/application.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/application.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/application.rb
    conflict  config/environment.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/environment.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/environment.rb
      create  config/secrets.yml
       exist  config/environments
    conflict  config/environments/development.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/environments/development.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/environments/development.rb
    conflict  config/environments/production.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/environments/production.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/environments/production.rb
    conflict  config/environments/test.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/environments/test.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/environments/test.rb
       exist  config/initializers
      create  config/initializers/assets.rb
   identical  config/initializers/backtrace_silencers.rb
      create  config/initializers/cookies_serializer.rb
   identical  config/initializers/filter_parameter_logging.rb
   identical  config/initializers/inflections.rb
    conflict  config/initializers/mime_types.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/initializers/mime_types.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/initializers/mime_types.rb
    conflict  config/initializers/session_store.rb
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/config/initializers/session_store.rb? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  config/initializers/session_store.rb
   identical  config/initializers/wrap_parameters.rb
       exist  config/locales
   identical  config/locales/en.yml
        gsub  config/initializers/cookies_serializer.rb
       exist  bin
   identical  bin/bundle
    conflict  bin/rails
Overwrite /Users/<user name>/dev/ruby/rails/kakeibo/src/bin/rails? (enter "h" for help) [Ynaqdh] n
        skip  bin/rails
   identical  bin/rake
      create  bin/setup


Oh...なんかいっぱいConflictしてますな。
これを1つずつ差分を見ればいいんですね?

  • config/boot.rb:上書き
  • config/routes.rb:変更なし
  • config/application.rb:上書き
  • config/environment.rb:上書き
  • config/environments/development.rb:上書き
  • config/environments/production.rb:上書き
  • config/environments/test.rb:上書き
  • config/initializers/mime_types.rb:上書き
  • config/initializers/session_store.rb:上書き
  • bin/rails:上書き
  • bin/setup:新規追加

これでよし。

最後に動作確認をしましょう。
テストコードとか書いてないので(^^;)
押せるボタンを全部クリック。魂の16連射!!!!!!!!!!!!!!!!

小さいアプリなのでこれでなんとかなるけど、テストコードはちゃんと書かないとね☆

アクションは問題なかったけど、なんか表示がおかしい。

<%= @expenseAll.sum(:amount, :conditions => ["date=?", date]).to_c %>

@incomeAllは月間のキャッシュフロー(支出分)が入ってるモデルオブジェクト。
ここから、ある1日分の支出合計を表示する箇所なんだけど。。。
なぜか月間の支出合計が表示されています。
実行されているSQLを見るとconditionsの部分の条件が効いていない。

う〜ん、それならばと。ちょっと修正。

<%= @expenseAll.where("date=?", date).sum(:amount).to_c %>

これでちゃんと表示されるようになったけれど、なにが悪かったのかな?
そのうち調べよう(覚えてたらw)

それなりに時間かかったけど、思ってたより手間はかからなかったな。
まあ、サードパーティ製のgemをほとんど使ってなかったのが大きかったと思う。

(。・ω・)ノシ

みんなは何回『一生のお願い』使ったことある??(笑)
みーは数え切れないほど使ったとおもう(笑)

寂しさは、
完全でない気持ち
認めてほしい、
愛してほしい、
必要とされたい
そんな気持ち
 
感じることは、
自分の内奥からの声です
寂しさが伝えるのは、
存在価値を感じたい気持ちでしょう
 
でも考えてみると、
これを他人から満たしてもらうのは、
とっても難しい
 
人はそれぞれ価値観があって、
同じではない存在です
その価値観全てを後ろに置いて、
自分を見つめることを求めても、
相手にも同じ気持ちがあるのですから
 
 
人は孤独だから、
寂しさから逃れるのは難しいですね
 
拒まれれば寂しくなる
わざわざ幸せを壊すことを選んだり
お酒や遊び、
買い物やギャンブル
いろんなやり方で満たそうとする
かと思えば、
ぜんぜん気にならなかったりすることもある
 
結局のところ、
寂しさの種を作っているのは自分です
だから寂しさを何かで埋めてみても、
決して長続きしません
それどころか、
ますます寂しさがつのってしまう
 
寂しさは自分だけのもの
本当に埋めることができるのは、
自分だけです
だからまず、
自分で自分を満たしてみませんか?
 
 
認められていない?
愛されていない?
必要とされていない?
あなたの価値は、
そこにいることにあります
 
あなたはそのままでおっけー
何かにならなくていい
 
誰に何を言われようと、
幸せは自分で決めていい
 
つらいことはつらい
悲しいことは悲しい
ムリはしなくていい
 
 
こんな風に自分を認めてあげると、
嬉しいことや楽しいことが帰ってきます
 
何かになろうとして、
感じることを抑えていると、
ものすごく緊張するのです
こころも身体もガチガチにこわばっちゃう
でも気持ちを素直に感じて、
自然におもてに出せるようになると、
気持ちがゆるみます
 
お茶でも飲んで、
ひと息ついてみませんか?
寂しさも緩んで、
少しずつほどけていくと思うのです

三種盛り♪

2018/07/03

 

秋の定番を三つ入れてみた 

DSC_0450

やっぱススキがいいね
最近は萱葺屋根の家をほとんど見なくなった
もう需要がないんで育ててないのかも
でも田舎の方に行くと
結構ススキを見かける
反対にセイタカアワダチソウを見かけない
あと数年もすれば真っ黄色になってしまうのか

きれいな紅葉を探しに出かけよう
 

 

 

ランキングに参加しています。ポチ応援嬉しいです!
 

言葉にならない気持ちは必ずあって
それは言葉より遥かに深い
相手を大切にするということは、
語られない深みをも大切にすること
 
見えないけどある思い
忘れちゃいけないなって、
そう思います
 
 
 
人にはこころがあって、
思いがあります
語られることも、
語られないことも
 
言葉にならないからといって、
思いが存在しないことにはなりません
やっぱりそこには気持ちがあって、
ちゃんと息づいている
 
思いの深みから、
わずかに浮かび上がったのが言葉でしょう
語られないことの方が遥かに多くて、
本質には近い
大切なのは、
その千尋の深みを知ることだと思うのです
 
 
 
言わなければ伝わらないのも事実だから、
話さないで分かることは無いけど
 
きっとお互いが、
ほんの少し思い出すだけでいいのです
相手にもこころがあって、
言葉にならない気持ちがいっぱいあること
それを知れば、
見えることだけじゃ分からないことが、
分かってくる
 
相手が大切であるということは、
語られないことも大切だということです
見える部分を越えて広がる存在も、
その人だから
 
わたしはそう思います
 
 
 

デフ レパード [アニマル]

デフレパードからはこの曲です。

またまたズレてそうなご意見が出そうだが、ポップな曲が好きな人ならこの曲じやないの。

 ヒステリアという、全米1位のアルバムで世界のスターに上り詰めた。

このアルバムは世界中で2000万枚というセールスを上げ、ハードロックバンドとしてではなく、幅広いファンを獲得した。

ギター中心ではなく、キーボードというか、デフレパードならではの音を作り出した。

流石に説明はいらないだろう。

このビックバンドの中からこの曲を選んだとこに、今日の一曲の良さがある。

かなりアルバムも出している。

でもこの曲なのだ。

YouTubeでもこれはすぐ出るだろう。

だってデフレパードだ。

アニマルがデフレパードの中で1番という人はいないだろう。

無理をしないのだよ。

この位、考えない曲がいい。

ハードではないよ。

このアルバムでも1番ポップだ。それでいい。

LAでもないし、ヘヴィメタルでもない、ハードロックだ。

 最新アルバムも結構聴きやすく、誰でも違和感なく聴ける音楽かな。

けどこのバンドは

アニマル

これだ。

 デフレパードクラスで一曲とは、個人的好みだが今日の一曲もハードル高いかな。

ノアの方舟

2018/07/03

2,3日前、夫と『ディープ・インパクト』をTVで観た。

彗星が地球に衝突するのを防ぐため核爆弾を積んだ宇宙船が身を挺して地球を守り…

あれ?どっかで聞いた話…と『アルマゲドン』を彷彿とする内容だったけれど、

『ディープ・インパクト』は1998年5月公開、『アルマゲドン』は1998年7月公開。

すごい時期が重なって、ストーリーも重なって…あららと今頃になって知った。

『アルマゲドン』は感動した夫がサントラを車の中でエンドレスリピートしていた。

一緒に観たのに、私にはいまひとつ感動できなかった。

『ディープ・インパクト』も楽しそうに夫は観ていたけれど

地球が滅亡する5日前に「タクシー!!」とタクシーを捕まえる主人公に

「地球滅亡1週間前に仕事する人なんておるか?!」と、つい突っ込んでしまい、

「黙ってて!!」と怒られた。

とーっても突っ込みどころ、満載で、私は映画は半分でロンドンのパルと

”Kate & Leopold"(『NYの恋人』)のレオポルドが紳士よね!!っていう話で

盛り上がっていた。

1876年のNYから20001年のNYに貴族がやってくるっていう映画。

「そっちのほうが突っ込みどころ、多すぎるわ!」と夫に呆れられたけれど。

『ディープ・インパクト』では政府が地下シェルターを用意する。

ただし、全員を収容できるわけではないので、コンピューターにより無作為に

選ばれた人々なのですが、第一条件は50歳以下、といった具合に。

動物や芸術家なども入れ、現代版のノアの方舟計画をする。

そんな映画を観た後で、アメリカ、サウスカロライナ州の仲良しパルから手紙が来た。

「たまに敬虔すぎるというか盲目的過ぎるキリスト教徒のアメリカ人に遭って、

度肝を抜かれる」というようなことを前回の手紙に書いていたのだけれど、

「まさにそれ!私も体験したわよ!ノアの方舟に乗りたければ、

教会に来なさいって言われたの!」と。

うわぁ・・・”ノアの方舟”、現代にも生きていたのか!と驚かされた。


にほんブログ村